働き方 191011_097 - コピー

ご夫婦で働いている方も多いQBハウス。どのような思いで働いてらっしゃるのか千葉県内の異なる店舗で勤務するご夫婦にインタビューをしてみました。

Kazunori Kanno (2014年3月/中途入社) & Mizuka Kanno (2014年11月/中途入社)

 

─お二人のキャリア、入社後に感じたことからお聞かせください
 美容室に入ってアシスタントとしての下積みも含めると13〜14年、お客さまのカットを始めて10年くらいですね。もう、僕は単純に手荒れですね。一年中治らないんですよね…。なので、QBハウスを選んだのも、カラーやシャンプーがなくて手荒れの心配がないことが大きかったです。一般企業と同じような待遇や福利厚生に満足していて、入社6年目となりました。
 私は前のお店ではアシスタントで半年間、なかなかカット練習に入れなかったので、カット未経験でも採用してもらえるというところに惹かれ、ロジスから入り、しっかり丁寧に教えてもらい自分で成長も実感できましたし、残業代もホントに1分単位で支給されるので、安心できる環境だと思いました。いま、ちょうど入社5年ですね。

─おふたりの出会いからご結婚までを教えてください
 ロジスカットスクールには、研修期間中に徐々に現場に慣れていけるようにいくつかの店舗に入るOJTがあるのですが、そのときに一度同じ店舗で一緒に働いて・・・
 僕がQBハウスに入社して1年弱のときですね。付き合っていることをオープンにすると上司には「お前なぁ」と言われるし、まわりからもまぁまぁイジられましたね。
 言われてたね(笑)。 私もトレーナーさんに伝えたら、すごく驚かれました。
 一緒にいて気をつかわないところが決め手となり、2年半ほど前に結婚しました。
 えっ、初耳です。もっと気を使ってよ(笑)。

─ご家庭で仕事の話はよくしますか?
 練習に付き合ってもらったり、専門店にハサミを一緒に見に行ってもらったりしていますね。
 一人で行くのは不安みたいで。
 心強いんですよね。
 そうだね。常に不安のようなので、僕が「一回、実際の店舗で見てみたい」と言って、上司にシフト調整してもらったこともありました。家で相談されても実際見ないとわからないからと懇願して。共通の知り合いのスタッフもいて「菅野さん夫婦と働いてみたいです」という後押しもあってね(笑)。
 経験があるので、頼りにしています。
 でもそのときに、技術的に何も問題なかったので、こちらとしてはつまらなかったですね(笑)。何かないと指摘もできないですから。

─現在、妊娠9ヶ月とのことですが体調と仕事のバランスは
 はい、妊娠7ヶ月半まで勤務していました。休日を合わせて、子どもが生まれる準備や検診など行けてましたし、つわりがひどく、マネージャーからも「お話しましょうか」と声をかけていただき、すごく妊娠報告がしやすかったです。同僚も気にかけてくれて、「辛かったら休んでいいよ」と言ってくれて休憩も多めに取らせてもらいましたので、妊娠中に働くことに不安も感じなかったですね。QBはお子さんのいるスタッフも多いので、経験していないとわからない部分もフォローしてもらいました。
 結構、妻に任せている部分が多かったですね。育休・産休の制度についてもちゃんと調べていましたし…。妻の店舗とはブロックが異なり上司も違ったので、お店に何か調整してもらうことは特にしなかったですね。

─これから産休とのことですが収入面の不安はないですか
 妻の体調面のサポートももちろん大事ですが、今は給料をあげることしか考えていないですね。QBは給与テーブルがきちんとあって、この役職だとこのくらいの金額で手当がどのくらいということがわかるのでに今は給与UPに専念しようと。そのために、今できることを頑張って、「あいつなら大丈夫だろう」とまわりから認められるようになるところから心がけていきたいですね。
 まず同じ会社なので勤務時間や給与面を把握しきれているので安心ですね。私も産休・育休で1年間お休みはいただきますが、出産後は扶養の範囲内でパートで働き、できるだけ稼ぎたいなとは思っていて、すでに上司とも話をして、自宅最寄の店舗の候補も提示いただいています。

─なぜQBハウスに復職したいと思われるのですか
 働く環境はもちろんですが、店舗数が多いことですね。いずれは旦那の実家に行く可能性も高いので、そのときのことを考えても有利かなと思っています。スタッフもいい方が多くて、ながく働き続けられるかなと思っていますので、パート後には正社員で復帰したいと考えています。
 無理にQB、理美容業とは思いませんが、本人がやりたい仕事をやってくれることが一番ですね。

Related Keyword

Column Category

トップへ