組織づくり 夫婦メイン

2500名の美容師・理容師が働くカット専門店「QBハウス」。でもその実態は良く分からないようで、応募者からのお話を伺う限り、休憩も取れないほど多忙と思われているのが現状です。その働きやすさから永年勤続だけでなく、人間関係の良さから社内結婚をされるご夫婦も多い「QBハウス」。今回は、結婚真近の婚約中のお二人に、QBのお休みと休憩時間の取得実態について、インタビューしてみました。

お二人とも前職は総合サロンとのことですが、お休みの状況はいかがでしたか

新婦:総合サロンだと冠婚葬祭でも休めないんですよね。親戚でもダメでしたし、友達の結婚式も土日にやることが多いじゃないですか、「あ、ダメだよ」と言われてしまって...
新郎:総合サロンにはいまだにそういう人が多いんですよね。「友達大事にしている奴は売上、伸びないよ」とも言われますしね。逆にQBでは「友達の冠婚葬祭をけって仕事に来ました」って言ったら「何してるの!」って言われます。(笑)
新婦:総合サロンとは全然違う環境ですよ。
新郎:店は違いますが二人ともQBで働いていて、来月、結婚するんですけど、お互いの休みをあわせて結婚式の打合せに行っていますし、店長の私でも休みが取りづらいといったこともないですね。
新婦:しくみもきちんと出来上がっているので、安心して休み働ける環境ですし、上司・部下・仲間の距離感が近いですね。
新郎:新しく中途の方が入ってくると最初に大体の人が「そんなに休憩していいんですか?」と言われますね。お昼休みもしっかりとれた上で、夕方に「20分休憩してください」というのがあって...総合サロンだとお昼を10分で食べて、それ以外はトイレ休憩だけとかだと思うんですよ。
新婦:QBだと勤務時間に応じてしっかり休むという法律通りなんですよね。
新郎:人間らしい働き方ができます。(笑)QBに入る前は「ずっと切ってなきゃいけないのかな」と思っていたんですが、実際はしっかり休みながらやっています。自分も最初のころ1日が終わると「いつもあんなに休んでいるんですか」って聞いてましたから。
新婦:「休み過ぎじゃない!?」って。(笑)
新郎:上司からも「ちゃんと休むんだよ」って言ってくれるので、本当にやりやすいですよ。
新婦:総合サロンだと「20分休んできていいよ」って言われても、気を使って早く切り上げてきちゃうんですけど、QBだと「あれ、早くない?」って言われるんです。
新郎:「気持ちのメリハリをつけるため」「仕事のクオリティをあげるため」ということを店長やマネージャーが説明してくれるので、こちらも安心して休めるんですよね。

 

QBハウスは「土日」に休めて「昼休み」「休憩」もしっかりとれる!

求人票からは読み取れない社風。その中に、暗黙のルール的なものも多くあると思われます。取得する権利があるのは分かっていますが、言いだしにくいのが土日のお休み取得かと思います。結婚式・お葬式といっても「人がいないからダメだね」と大抵のサロンではこんな感じなのではないでしょうか。

しかしQBハウスでは、多くの理美容師が働いていますので、シフトも土日に休みを入れなければまわらないという、規模の大きな組織がゆえのメリットなのかも知れません。一方で、傍から見たイメージや人づてに聞く噂・都市伝説的なものもあると思います。QBで言えば、「朝から晩までひっきりなしに切り続けなければならない」ではないでしょうか。そんなワケありません。(笑)そんなことをしたらみんな倒れてしまいますし、そもそもコンプライアンス違反ですから。いかにも法律を守らない業界ならではの発想とさえ感じてしまいますが、QBでは社員の健康とお客様へのサービス向上の観点からも、昼休み60分、休憩15~25分(店舗や勤務時間による)としっかりとお休みをとっていただいています。

Related Keyword

Column Category

トップへ