技術向上 1462066_s

理容師の方ならばバリカンは日々使われているかと思いますが、美容師の方は使ったことがないという方のほうが圧倒的に多いのではないでしょうか。

もしも手元にハサミがなく、バリカンしか無かったらあなたはバリカンだけでどこまでカット出来ますか。

そもそも美容師がバリカンを使い慣れていない何故

理容師法と美容師法が施行された歴史からすれば、理容師の働く理容所は男性、美容師の働く美容所は女性が顧客対象でしたので、理容師はバリカンが使えて当然かと思います。現代の電動バリカンではなく、あえて昔ながらの手動バリカンなどをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんね。

一方、美容師はほぼ使う機会がなかったという背景がありますので、美容師がバリカンを使い慣れていないのは当たり前なのかも知れません。しかし、フェイドカットが流行しているこの令和の時代、男性も美容所には来店されますので、バリカンを使いこなす美容師も増えてきたのではないでしょうか。

QBは、バリカンとハサミの併用が基本

10分というお客さまとのお約束の中でカットをしていくQBハウスでは、時短テクニックの1つとして、最初にバリカンで刈り上げ部分や襟足含め、大体の部分を切り落とします。QBハウスに同業の方が来店されると大胆なバリカンの入れ方に、冷や汗をかかれる方もいらっしゃるのではないでしょうか。それくらい、バリカンを入れてバッサバッサと髪の毛を切り落として行きます。

7割ほどをバリカンでカットしたら、残りの3割をバリカンでカットした部分からの繋がりを意識しながら、ハサミを入れていき、面取りで整えて、セニングを入れて終了がQB流のカット方法です。

あえてバリカンだけでカットしたらどうなるか

そんなQBハウスのスタイリストが、あえてバリカンだけで、しかも5分間でカットをしたらどのようなスタイルになるのでしょうか。
あなたならどこまでカット出来るでしょうか。少しイメージしてみてください。
丸刈りやスポーツ狩り?ソフトモヒカン?このあたりがなんとかいけそうなスタイルでしょうか。

今回、QB歴8年のスタイリストがこの無謀な検証にチャレンジしました。5分間のバリカンカットとその後ハサミまで入れた最終スタイルを比較できますので、是非下記動画をチェックしてみてください。我こそはと思われたあなた、ぜひチャレンジしてみて!?

Related Keyword

Column Category

トップへ