2015年4月/新卒入社 西日本事業本部 事業運営第一部Kento Tachikawa_ Interview
Tachikawa Kento

共に働く人と人間関係を大切にしたいという思いは就活時から一貫して変わっていない

一緒に働く人と、いい人間関係を築きたい

大学3年の就職活動時は、社会人として何がやりたいのか明確には決まっていなかったので、まずはいろいろな業種・職種を知ることから始めようと思い、不動産、メーカー、小売業、商社などの会社説明会に参加していました。そのような中、キュービーネットと巡り合ったのですが、「人事担当者の雰囲気や対応がすごくいいな」というのが第一印象で、会社のいい部分だけでなく、抱えている課題についても赤裸々に説明してくださったことに信頼感が持てましたね。出店規模の大きさ、経営戦略の緻密さ、そしてQBハウスのデータ管理システムなどを知って、意外と面白そうだなと思いました。就職先を決めるポイントとして、「一緒に働く人と、いい人間関係を築きたい」ということだけは決めていましたので、人事担当者から「必要だから」と言っていただき、この会社でならその思いも叶うはずだと感じて、決心しました。内定後に、会社説明会の内定者紹介として学生の前に立って話をさせていただく機会があったのですが、その自分の体験を伝えることに楽しさを感じた経験がきっかけで総務人事部を志望するようになり、入社後に1カ月間の研修を経て、希望通り総務人事部に配属されました。

「スタイリストのリアルな声」を知る機会と思ってチャレンジ

総務人事部2年目、大阪で開催された大卒の採用活動の会社説明会で、僕が話している様子を見た大阪支店の本部長が「営業でも力を発揮できるんじゃないか」と評価してくださったのを機に人事異動、大阪への転勤が決まりました。「総務人事部の仕事をこれから本格的に!」というタイミングでしたので驚きましたが、同時に当時抱えていた「スタイリストのリアルな声を知りたい」という目標をクリアできる機会だと思って、そのお話を正式にお受けしチャレンジすることにしました。
大阪支店の事業運営第一部に配属され、大阪・京都・奈良エリアでの店舗の新規開発や既存営業店舗の管理などを今、主に担当しています。店舗管理業務のひとつに販促活動がありますが、QBハウス単体で行うのではなく、他の企業やテナントに対して双方にとってメリットのあるコラボ販促を提案して認知訴求を図っています。コラボが実現して販促効果が出たときは嬉しいですし、やりがいを感じますね。現場の声や雰囲気をしっかり把握するためにも店舗巡回をして、スタイリストとコミュニケーションを図ることを意識しています。信頼関係が生まれるとお互いに仕事もしやすくなると実感していますね。

息子が誕生し、産後の休暇制度などサポートの充実を感じた

大阪赴任後に先輩の紹介で出会った女性と結婚して、今7カ月の息子と3人暮らしです。大阪に来てまだ2年ですが、結婚して子供が生まれてと人生が大きく動きましたね。これからさらに仕事に力を入れようというタイミングでもありましたので、しっかり身を固めようという思いもありました。今は小遣い制でお給料は全て奥さんに預けてますよ(笑)。子供が生まれるときも「仕事のことは心配せず、立ち会いに行きなよ!」と職場のみなさんが声をかけてくださって心強かったですし、産後に利用できる休暇制度など含め、サポートの充実を感じました。子供が生まれて「親として何ができるだろう」ということを最近、よく考えることがあるんです。物心ついたときに、いろいろと教えてあげられるようにはなりたいですね。
仕事の面では、直近では「一人前の営業マンになりたい」という思いをもって業務に取り組んでいます。まだ新店をゼロから出店させた経験がないので、まずはそこが目標ですね。仕事を頑張ってマイホームを購入できたらということも漠然とですが考えていますが、そういうときに一部上場企業ということの安心感は大きいですね。

 

本社採用に応募の方は、下記メールアドレスにご連絡ください。
form.recruit@qbnet.jp

トップへ