2021年4月/中途入社/美容師 ロジスカット名古屋校研修生Ryouta Watase_ Interview
Watase Ryouta

めざせ!!!!お客さま満足度200%

「美容師」ではなく「カットが上手い美容師」になりたい。

名古屋に上京してから、いつもよりちょっといい美容室で初めてカットをしてもらったとき、「髪型ひとつでこんなに気分が変わるんだ」と思ったことが美容師を目指すきっかけになりました。昔から髪型へのこだわりが強かったので、上京するまでは満足できるヘアカットをしてもらった記憶はありません。だから、なおさらそう感じたんだと思います。中日美容専門学校を卒業して入社したサロンでは、カラーリングやパーマというメニューもありましたが、もともとやりたかったのは「カット」。そのため、カラーリングやパーマにまったく興味を持つことができませんでした。そこで、子供のころに利用したことのあるカット専門店だったら、自分のやりたいことができるのではないかとカット専門店について調べるようになりました。

国家試験が終わってからはほとんどカットはやっていなかったので、研修制度の整ったお店で働こうと考えました。カット専門店を探していく中で「研修制度あり」というお店はよく目にしましたが、実際にどんな制度なのかがわかりません。実際にどんなことをやっているかがわからないと判断ができないというか。。。一方で、QBハウスは研修内容まできちっと書かれていて、「こういう流れでやっていくんだ」と理解をすることができました。わかりやすかったですね。また、サロンとは別にロジスカットという学校みたいな研修施設があることや6か月間の研修期間があることを知り、しっかりしていそうだという印象を持ちましたね。ここなら、自分のやりたいことができると思えたので応募をしました。

カットだけに集中して、技術を学ぶ。

まず、入社して実際に研修を受けて感じた違いは、教え方。今までは感性というか感覚的な伝え方が多かったので、論理的に教えてくれるのには驚きました。単に手順を覚えてその通りにカットするということではなく、工程一つひとつに意味や目的があることを教えてもらえる。そのため、仕上がりに応じて的確に進めていくことができるようになりました。仮に上手くいかなかったとしても、「どこまで出来ていて、どこで躓いてしまったか」を教えてもらえますし、「どうしてこうなってしまったのか」という原因から解決するための考え方、やり方などを具体的に細かく教えてもらえる。だから、ミスがなくなるだけでなく他にも応用ができるようにもなりました。研修を受けるようになってからは、「なぜ?」「どうして?」と今まで以上に自分で考えるようになったと感じます。

笑顔で「ありがとう」と言ってもらえるお客さまを増やしたい。

入社してから3か月が過ぎ、店舗での入客研修(OJT)も増えました。入客する前にしっかりと練習がしているので、安心して入客することができます。また、初めての入客で慣れないときにはトレーナーさんが店舗まで同行してくれて、入客している間ずっと見ていてくれるので心強い。そして、入客後はその場でフィードバックをしてもらえるので、「何ができていて何ができていないか」がすぐわかるので、どんどん自信がついていきます。もし、その場で解決できなくても、次の日にロジスに戻ってわかるまでトレーナーさんが付き合ってくれるので安心です。今は、お客さまが本当はどうしたいかに合わせてカットができるように、カウンセリングや雰囲気に合わせてお客さまがどう見せたいかを上手に引き出すことが課題。なので、残り2か月でできるようになって、お客さまがお帰りになる際に、笑顔で「ありがとう」と言っていただける美容師になれるように練習に励んでいます。

QBハウス採用の
エントリーはこちら

QB Contents コラム

理美容師のキャリアアップや、 技術向上、QBハウスの働き方、組織についてのお話、そしてQBハウスの最新情報を掲載しています。

トップへ