キャリア eyecatch09

美容師には、正社員や業務委託、パート・アルバイトなど、さまざまな契約形態があります。もし働くなら、自分のスタイルに合った働き方をしたいですよね。この記事では、契約形態別にメリットとデメリットをご紹介します。

 

正社員は安定感が最大の魅力

正社員の魅力は、何と言っても安定感。多くの美容室では、お給料は固定給プラス歩合制になっているので、たとえ病気やけがで働けなくなっても、固定給の分は保障されています。このほかにも社会保険を備えていたり、年末調整をしてくれたりと、安心して働ける環境が整っていることが、正社員最大の魅力です。

一方で、勤務時間に融通がきかないことが正社員のデメリット。パートやアルバイトであれば、自分の都合に合わせて働く時間を決めることもできますが、正社員はそれができないことが多いです。営業時間内フルで働くことはもちろん、開店前の準備、閉店後はスキルアップのための練習などもあるので、早朝出勤になったり、帰りが遅くなったりすることも珍しくありません。

美容師としての仕事に集中できる人や、しっかりとスキルアップをしたい人に向いていると言えますね。

 

働いた分だけ稼げる!業務委託

業務委託は決まった美容室に雇用されるのではなく、フリーランスとして働きます。何よりのメリットは、お給料が完全歩合制であること。働いた分だけ稼げるのは、真面目に美容師の仕事に取り組む人にとっては嬉しいポイントですよね。このほかにも、休日や勤務時間を自分で決められるなど、自由度が高いのが魅力です。

ただし、業務委託は保障がありません。万一病気やけがで働けなくなったら、収入は0になってしまいます。また個人事業主なので、確定申告や研修会参加などの面倒な手続きも、すべて自分でしなければなりません。

業務委託は、なるべく自由な働き方をしたい人や、自己管理がしっかりできる人向けの雇用形態ですね。

 

仕事と家庭を両立したい人向け。パート・アルバイト

仕事と家庭を両立したい人に向いているのが、パートやアルバイト。美容室と勤務時間や休日などを相談して働くことができるので、子育て世代の人も働きやすい雇用形態です。もともと美容師として働いていた人なら、即戦力として活躍できますよ。ブランクがあるなら、研修を受けさせてくれる美容室に勤務すると安心ですね。

一方で、お給料が低い、パートでも稼ぎ時の土日は休みにくいなどのデメリットもあります。パートやアルバイトで働く場合は、どの程度の融通がきくのか、しっかり確認することが大切ですね。

 

コロナで試される理美容業界

面倒な人間関係を敬遠してフリーランスとして働く人。そんな人を集めてサロン運営をするオーナー。手の空いた時間でちょっとした小遣い稼ぎ、生活の足しにと考えていたパート。忙しいときだけパートさんに入って欲しいと思っているオーナー。あとは家業として経営している個人オーナー。

こうした働き方の中から自分にあった働き方を選択する。確かにいままではそれで良かったです。しかし、日本政策金融公庫の生活衛生関係営業の景気動向等調査結果によると、このコロナ禍での売上は美容で▲81.4ポイント、理容で▲72.9ポイントと深刻なマイナス成長となっており、いままで通りにはいかないことは誰の目でも明らかです。各オーナーは真の手腕を問われる時がきました。

一方、働く理美容師もこれからの時代、自身の健康と生活の安定を軸に働き方を考えていく必要があるのではないでしょうか。中には異業種転職を考える人もいるかも知れませんが、かつて理美容師が多く流れていた飲食業界、アパレル業界はさらに壊滅的です。今こそ、美容師・理容師の資格を生かして業界にとどまり、その中で自身が安心・安定と考えるサロンに入ることが賢明なのではないでしょうか。

 

QBハウススタイリスト募集!! 詳しくはコチラ
QBハウススタイリスト募集!! 詳しくはコチラ

Column Category

トップへ