2017年8月/中途入社/美容師 QB HOUSE 大阪府内店舗勤務Kumiko Kawaguchi_ Interview
Kawaguchi Kumiko

ママが実感。“挑戦したい”と思ったときが“チャンス”

結婚、出産後に美容専門学校へ。小学生の母親として、ネックは勤務時間

以前は、カルチャーセンターなどで書道の仕事を中心にしていました。結婚して、子供が出来てからは、自宅で書道教室もやりつつ、ネイルサロンみたいなこともしていました。そんな頃「まつエク」をやってもらう機会があって「私も誰かにしてあげたい!」と考えるようになり、免許取得のため美容専門学校に2年通いました。その頃、お客として通っていた美容室から声をかけていただき、お手伝いをするうちに「カットも出来るようになりたいなぁ」と思うようになり、「QBハウスだったら、たくさん切らせてもらえるよ」と教えてもらったんです。ただ、小学生の子供を持つ母親なので、勤務時間が一番のネックでした。それまでは家で仕事をするスタイルだったので、子供が帰宅する頃は、家にいることができていましたし、仕事の合間に家事を済ませてしまうこともできていましたから。スタイリストとして就職することは、家を空ける時間が多くなってしまうことだと気がかりでしたね。でもロジスカットスクールは日曜日が休みで、その他にも休みがあり、面接官からも「ご家族の理解と合わせて、クリアできるのであればぜひ一緒にやっていきましょう!」と言ってもらえていたのもあって決めました。

ロジスカットスクール卒業後のフォローアップ研修で

ホームページに『短期間で卒業できる!』と書かれていて、他店との研修期間の比較なども書かれていて、とてもわかりやすかったです。研修期間にお給与が出ることも「すごい!」と思いましたね。入社後のロジスでは同期も8名いたこともあって楽しく過ごせましたよ。今では頼れる同志というか、大きな存在になっていますね。ウィッグも使い放題で有難かったですが、壁にもいくつかぶつかりましたね。私にとってはバリカンが難しかったです。なんとなく出来上がるのですが、「これでいいのかなぁ?」と不安で確信を掴むのは難しかったですね。人よりも、スピードも上がらず課題で、時間が迫ってくるのも難しかったです。それでも、トレーナーの皆さんは、細かいところまで我々を見てくださっていますし、「心も体も元気に頑張れることが大事ですよ」と温かい眼差しで見てくれていました。ロジスを卒業後「フォローアップ研修」というのがあるのですが、その研修の最後の日は後輩のロジス生に伝える側の立場になって、ロジスカットスクールの有難味やここで覚えたことの大切さ、実際の店舗で実感したことなどを、ロジス生さんに伝えさせてもらった時には、トレーナーさんたちが涙を流しながら褒めてくださって(笑)。

QBに入社したことで、親子で成長。今、伝えたいことは

今は、1日25〜30人くらいカットしています。周りの先輩方はもっと早いので、毎日ちょっとずつスピードを上げていけるように頑張っています。この2年間は、子供の成長に負けないくらい、自分も成長していると自負しています。女性ならではの、ライフイベントとして、結婚、妊娠〜出産、育児とありますが、そこと仕事の両立に関してはまだ試行錯誤の最中です。子供たちの食事のことばかり考えていますね。出勤日はもちろん帰宅は夜になりますので、朝自宅を出る前に、夜のご飯の用意まで済ませて家を出ます。以前は、作りたてを一緒に食べていたけれど、子供たちも、レンジで温めることも自分で出来るようになっていきますし、成長に合わせてどんどんできることが増えていきます。お皿を洗っていてくれたり、洗濯など家事の手伝いをしてくれるようになりました。私が働くことで、子供にとっては仕方なくではありますが、忙しいことを理解して、自ら子供たちが行動をしてくれるようになったのは、良かったなと思えるところですね。こうやって今、現場で元気に頑張れているので、子供達やこれから入社される人に伝えたいことは、“挑戦したい”と思ったときが“チャンス”だと思うので、何事も積極的に挑戦して欲しいということです。

QBハウス採用の
エントリーはこちら
トップへ