2019年7月/中途入社/美容師 福岡市内勤務 スタイリストYasuyuki Nagata_ Interview
Nagata Yasuyuki

人生は一度きり、年齢なんて関係ない

やっぱり、やりたかった美容師がやりたい。

高校のころ、美容師になりたいと思っていました。それを両親に伝えると反対されまったんです。「給与が低い、休みが少ない、長時間労働」といった、世間での美容師イメージを心配していました。また、小さいころから人見知りだったので接客業は難しいという判断だったのでしょう。直接言われたわけではありませんが、両親からすれば別の道を選択してほしいと思っていると感じていました。それで、高校にあった求人票の中から工場を選んだんです。やりたい仕事というわけではありませんでしたが、お給料も良かったので続いていましたね。しかし、30歳目前で体調を崩してしまったんです。「やっぱりやりたい仕事をやろう」と思って、30歳になったら美容師になると決意します。一応、報告と思ってもう一度両親に話をしました。すると「人生一度きりなんで、やりたい仕事をやりなさい」と言ってもらえたんです。

10年遅くれた分、とにかく早くスタイリストに。

同級生とはひとまわり違う。10年以上遅いスタートだから、アシスタントは長くやりたくない、とにかく早くスタイリストなると決めていました。それで、研修制度が整っているサロンに就職しました。しかし、腰痛や手荒れが酷くなって長く続けられませんでした。それでも、決心をして転職をした美容師です。中途半端で終わらせたくない。ちゃんとカットが出来るようになりたい。それで選んだのがカット専門店です。未経験者でもカット技術を学べる環境があるならとQBハウスに。ただ、営業後に練習というのが当たり前だったので、一日中練習できてお給料ももらえるって「ホントなのかな?」って、半信半疑で面接を受けに行きました。面接でも話は聞いていましたが、実際に入社して基本から1から細かく教えてもらえるのには驚きましたね。また、残業代が1分単位で支給ということにもビックリしました。さらに、QBハウスでは先輩後輩だけでなく同僚に対しても、敬語でコミュニケーションをとりますし、上司も偉ぶることはありません。また研修中もトレーナーは程よい距離感で親のような存在。そんな社風だとは知らなかったので、対等に近い立場で仕事ができるのが「こんなに働きやすいのか!」と感じましたね。

博多一のスタイリストになる。

デビューしたての頃はきれいに切ろうとすると時間がかかってしまう。それで綺麗な仕上がりを重視していました。それもあってスピードを上げることに抵抗を感じていたんです。周りから見たらものすごい遅かったと思います (笑) 。それで店長から「スピード上げても変な仕上がりにはならないから、もうちょっとスピードを意識してみてください。」とアドバイスをもらいました。実際にやってみると、確かに仕上がりは問題なく、きれいな仕上がりです。それが自信につながり、スピードを上げられるようになったんです。ロジスで教わっていた基礎がしっかり身についていたからですね。そこから徐々に仕事が楽しくなっていきました。そして、今年(お話を伺ったのは2021年)の8月に博多のエリアでカットした人数が「2番」だったんです。入社して1年半ちょっとですけど、ここまで出来るようになったいうのはものすごい自信になりましたよ。これまで博多ではロジス卒業生が1番になったことはありません。だから、次は博多で1番を目指したいと思っています。

QBハウス採用の
エントリーはこちら

QB Contents コラム

理美容師のキャリアアップや、 技術向上、QBハウスの働き方、組織についてのお話、そしてQBハウスの最新情報を掲載しています。

トップへ