2017年6月/中途入社/美容師 QB HOUSE 静岡県内店舗勤務Minori Akiyama_ Interview
Akiyama Minori

自分が抱いていたイメージが一変

「バリカン=雑」・・・じゃなく、「スゴイっ!」

美容学校卒業後、個人サロンで4年間働いていましたが、なかなか先が見えず、カットを早く覚えたいという気持ちが強くなっていきました。そんな時に、しっかりした研修プログラムのあるQBハウスを知り、低価格サロンに対する良くないイメージはあったものの“チャレンジしてダメだったら美容師を辞めよう”そんな気持ちで入社しました。以前のオーナーから「刈上げはハサミでやるもの」とバリカンを使うことは良いことでないと教わっていたこともあって、バリカンを使うことに抵抗があったり、また使ったこともなかったため慣れるまで大変でしたね。でも、OJTで店舗に行った時に、スタッフさんがバリカンで借り上げたお客様から「今日もありがとう」とか「早くてきれいで最高だよ!」と褒め言葉を貰っている姿を見て、『バリカン=雑』というイメージがなくなり、逆に使うことで「感謝をされる良いものなんだ」と思えるようになりましたし、実際に使ってみて「バリカンってこんなに使えるの?早いし、奇麗だしスゴイっ!」って思いました。

カットの幅が広がり、技術に自信が持てるように

研修の一環で他の店舗に行った時に、「このスタッフのやり方はこうだから、お客さんはこう満足するんだ」とかお客様に合わせてやり方を変えたりしているところをたくさん見ていたら、「カットすげー」って思いました(笑)。そして、それを真似していくうちに、少しずつ技術の幅が広がって徐々にできるようになっていき、1年くらい経ってようやく自分の技術に自信が持てるようになってきましたね。配属後も、東北や名古屋の店舗にも行くチャンスをいただいて、いろいろなスタッフさんの技術を見させてもらって吸収させてもらっています。QBに入るまでは、お客様をカットすることはなかったので、「カットってこんなに満足してもらえるんだ」とか「カットってこんなに楽しいんだ」と感じるようになりました。ちなみにカットがうまくいった時、鏡に映る自分が笑顔になっていることに気づき「ちょっと、自信ありげじゃん。」って自分で思うこともよくありました。とにかく入社して1年間は、「カットだけでお客様にいかに満足していただけるのか」と必死でがむしゃらにやっていたように思います。

QBの人はみんな、あったかく人間関係もいい

正直、入社前まで、1000円カットや格安店へのイメージは、接客が雑で、カット技術も手を抜いていて、全体的に雑な仕事をしているサロンというイメージだったんです。でも「ブローをする今までのカットはごまかし。カットだけで形を決めるんだ。」と印象的な言葉で教えてくれたのは研修時のトレーナー(教育専門の指導者)でした。また、店舗では先輩から怒られたことがないんです。例え失敗しても「ここがうまくできているから、ここもできたら完璧だよ!」とか常にそのように言っていただけるので、ものすごく仕事がしやすいです。特に、店長に「あたしがいるから大丈夫!」と言っていただけるのはホント安心できますね。でも、自分の店だけでなく、実際に入ってみてわかったのはQBの人はみんな、あったかく人間関係もいいし、すごく恵まれていると思います。また、プライベートの時間もしっかりとれて、水族館や温泉などに遠出したり、最近は友達にすすめられてゴルフの打ちっぱなしに行ったりしていますね。まだ、まったく前に飛ばないんですけどね(笑)。

QBハウス採用の
エントリーはこちら
トップへ