組織づくり 220128_364

「あなたはなぜ、仕事をするのですか?」

「あなたはなぜ、仕事をするのですか?」QBハウスの入社研修では、新入社員の皆さんにこう問いかけます。生活するためには、お金を稼がなければなりません。でも、それなら理美容師でなくてもいいし、QBハウスでなくてもいい。仕事も働く場も自由に選べる時代に、QBハウスで働く意味は何なのか。

そのひとつが「新しい出会いをもたらすこと」です。新しい出会いが学びをもたらし、技術が身につき、お客様や周囲からの信用を得て、自信がつく。それがQBハウスで仕事をする価値なのだと、代表取締役の北野は考えています。

入社式で行われる研修とは?

QBハウスでは入社式で行う研修をとても大切にしています。全国で行われる入社式ではQBハウスの歴史や「なぜこの事業をやるのか」を深く理解してもらうために、社長が自ら話をします。また自己理解を深める時間などを設けるなど、この先の仕事が充実したものになるためのプログラムとなっています。

2022年に入社したロジスカット東京校・染谷太一朗さんは、「スタートを切るために大切な時間だった」と、研修を振り返ります。「自分の人生の紆余曲折を振り返る『人生曲線』を入社式に参加するみんなで発表しあうことで、一緒に働く仲間がどのような人なのかを知り、距離がグッと縮まりました。おかげで緊張せずにトレーナーに質問できたり、年齢差のある同期とも話すきっかけができました。店舗に配属になった後も、互いにサポートやアドバイスをしあう関係性が続いています」

6ヶ月でカット技術・接客を学ぶ

また、約6ヶ月でQBハウスのカット技術・接客を学ぶ「 LogiThcut PROFESSIONAL STYLIST SCHOOL(通称・ロジスカット)」という研修制度を設けており、未経験からでも正確でスピーディーなカットを身につけることができます。

入社して一番最初に接するのはトレーナーです。どんなに大きな夢や目標があっても、技術を教える人が高圧的であったり、気分で教え方を変えるような人であれば、意欲を無くしてしまいます。トレーナーの水元聡さんは、「一人ひとりの技術の習得スピードに合わせて、アドバイスすること」を心掛けていると言います。

「器用か不器用かは問題ではありません。『カットができるようになりたい』という強い気持ちを持って努力している人たちは、必ずできるようになります。研修中は、自分のダメなところばかり目について心が折れそうになることもあると思いますが、僕たちトレーナーはその方のいいところを探してサポートしたいと思っています」

人生100年時代に描く未来

約6ヶ月のロジスを卒業したら、晴れてスタイリストに。お客様からの指名制を設けていないのも、QBハウスの特徴で「休憩時間や休日がない!」なんてことも起こりません。スタッフ間でお客様の数を競うこともないので、仲間としてフォローし合いながら仕事に取り組むことができます。その代わり、店長やトレーナー、エリアマネージャーに昇格し、キャリアアップする制度を設けています。給料が上がる明確な指標があるため、これまでの経歴や年齢に左右されず、自分次第でどんなキャリアも描けます。カット未経験で入社し、3年で店長、6年後はマネージャーになった方も。

人生100年時代、あなたはどんな未来を描いていきたいですか。あなたがこれから歩く道に、QBハウスが必要だと感じたならばぜひ、ご応募ください。理美容師としてお客様のために、そしてあなた自身の幸せのために、QBハウスの仲間たちと一緒に誇れる仕事をしませんか。

 

前回の記事はこちらより

一人ひとりの社員と向き合い、共に育つ企業を目指して

Related Keyword

Recommended Articles

Column Category

トップへ